人を待つロリータ風イメクラ嬢

幼さが残る女性が勤務する風俗店
風俗店は基本的に店舗ごとにジャンルが異なっており、30代以上の年輩の女性でも熟女や人妻ジャンルの風俗店で働くことができますので、年齢を重ねたからと言って働くことができなくなる業界ではありません。風俗店の求人は基本的に高待遇のものが多く、女性に人気が高い求人として有名です。
風俗店には店舗によって異なったジャンルがあるのですが、その中でも特殊な魅力があるものとされているのがイメクラです。イメクラはコスプレを楽しむことができる風俗店として男性に人気が高く、ロリータジャンルの女性が多く勤務しています。そのためイメクラに応募する場合は自分の特徴をよく理解して自分が勤務できるかどうかを確認してから選ばなければいけません。

イメクラの店舗で主に勤務しているのがロリータジャンルの女性です。ロリータジャンルの女性の特徴としては見た目に少女としての幼さを残している女性のことです。そのため、基本的に身長が比較的低く、黒髪のツインテールやポニーテールの髪型をしている女性が多く、見た目の幼さを引き立てる髪型やコスプレをすることが多いです。
イメクラでは基本的にセーラー服やブルマー、スクール水着などのコスプレをすることが多く、中には衣装を持ち込む男性も存在しており、持ち込み可能の店舗であれば男性客の持ってきたコスプレ衣装を着用することもあります。イメクラでは必ずコスプレをするので、コスプレに抵抗がある人は勤務しにくくなってしまいます。

イメクラではロリータジャンルと呼ばれている見た目が幼い女性が勤務していますが、基本的に18歳以上でなければ勤務することができません。18歳の誕生日が近くても満18歳になっていなければ勤務することができませんので注意が必要です。
ロリータジャンルは見た目が幼い女性のことを意味する言葉なのですが、元々はロシアの小説家ナボコフが執筆した「ロリータ」という作品が元となっています。この作品では主人公の成人男性がロリータという名前の幼い女の子に本気で恋をする純愛ストーリーです。作品自体は感動的に描かれているのですが、作品内容は大きく物議をかもしました。
そのため一時期は発売禁止になったこともありましたが、現在は舞台で上演されたり、するなど作品の評価も変わってきており、簡単に作品を入手することもできるようになっています。

ロリータジャンルの女性が多く勤務しているイメクラですが、勤務している女性の中にはより幼さをアピールするために自分の陰毛を剃ってパイパンにする女性もいます。イメクラは幼い見た目を持っていれば持っているほど人気がでる風俗店ですので、自分なりに幼さの魅力を出す方法を見つけて実践することが重要です。

街角に佇むロリータ風イメクラ嬢

店舗の特徴をしっかりと理解して求人に応募しなければいけない
風俗店にはたくさんのジャンルの店舗があります。性的なサービスを多く提供するソープやデリヘルなどの店舗があれば、性的なサービスではなくEd(勃起不全)の治療を専門に行う回春エステなどたくさんのジャンルの店舗があります。この中でも特に特殊な存在としているのがイメクラです。
イメクラでは基本的にコスプレが行われており、勤務している女性もロリータジャンルの女性が多いです。イメクラは基本的に男性客が自分の妄想を叶えることができる風俗店です。そのため基本的に男性客が指定したシチュエーションに合わせて性的なサービスを行わなければいけません。
基本的な店舗の特徴を理解して自分が勤務できるかどうかの判断をしてから店舗を決めなければいけません。店舗をさがす時は風俗求人誌もしくはインターネットの求人サイトで探さなければいけません。インターネットの求人サイトを使用する場合は基本的に安心できるかどうかの判断をしなければいけません。

基本的に求人をさがす時はその店舗が安心して勤務できる店舗かどうかをしっかりと見極めて決めなければいけません。その店舗が安心できる店舗であれば基本的に警察への届け出を行っています。この警察への届出というものは基本的にどこの風俗店でも必ず行わなければいけないものです。
届け出を行っていない店舗は悪質な風俗店として警察の摘発の対象となっています。インターネットで求人を探す人が増えてきているのですが、大手の求人サイトではきちんと届け出を行っている店舗しか掲載することが出来ませんので、安心して求人を探すことができます。
注意しなければいけない求人の特徴としては大きな求人サイトに掲載されているのではなく、掲示板などに簡単な情報が記載されている風俗店です。そういう求人は悪質店の可能性がありますので注意が必要です。悪質な店舗の求人の特徴としては給与面を大きく広告して、その他のことは細かく記載していないことが多いです。

届け出を行っていない悪質な店舗が届け出を行っていない理由としては届け出ることができない何かしらの理由があるからだと言われています。届け出は基本的に過去に摘発を受けたり、経営者が過去に逮捕されるなど問題を起こしている場合は許可を取ることができません。許可が取れないのでこっそりと無許可で営業していることが多いです。
届け出を行わない店舗では給与や勤務時のトラブルが多く、働いてしまうと必ず後々トラブルの原因になってしまいます。そういうことがないようにするためにも、少しでも怪しいと感じたら応募を避けなければいけません。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

オススメリンク